結婚したい女、結婚したくない男

結婚というキーワードで思いつくことはそれぞれに違いが有り、スタートだど思う人が居ればゴールだと思う人もいるでしょう。
理想を抱えている人も居れば、現実しか見えない人など考え方は人と違って当たり前です。
嫁に行く女性、養子に行く男性にとっては今までずっと共にしてきた苗字が変わり、あらゆる場面で変化が出てきます。
人間関係も増え、お互いに今までと違う環境が入ってきてワクワクする人もいれば、憂鬱に感じる人もいるでしょう。
皆さんはどのような考えを持っていますか。

結婚したい女性

前向きなのは女性のほうが多数を占めるかもしれません。
ウエディングドレスを着る年齢は出来るだけ若い方がいい、出産育児をするならできるだけ早いほうがいいと周りからせかされるケースもありますが、あながち間違いではないからです。
周りが結婚して育児をしていると大変だねーと
人事のように見てしまっている自分が居ましたが、私が結婚して育児に没頭する頃には周りは手が離れて自分の時間が持てる様になって羨ましく思いました。
焦っている女性は理想や夢もあるかもしれませんが無意識にいろんな現実をみているのかもしれません。
会う人会う人を出会いの対象としてみてしまう人はやはり焦っている人の特徴かもしれません。

結婚したい女、結婚したくない男

結婚したくない男性

男性には責任という言葉がついてきます。夢と理想では語れない重圧なのかもしれません。
家族を養う大変さ、そして自由が無くなるかもしれないという現実感からなかなか決断しきれない人も多いと思います。
3年付き合って決断できない人とは無いと思え。とよく耳にしませんか。女性の間ではよく言われている言葉です。
確かに3年一緒に居て渋るくらいなら後悔するかもしれませんね。
したくない人は友達を優先する傾向、そして結婚の話をうやむやにする傾向があります。
もともとの結婚に対する必要性から男女の違いが出てくるのも当然ですが、歩み寄ることでいい解決策が産まれるかもしれないですね。