上手くデートへ誘うテクニック

デートをうまく誘うには

デートにうまく誘えるか不安、断られたら気まずいなど不安を抱えてデートに誘う人も少なくないはず。
しかも本気で片思いしている人からしたら断られた後のその後を想像してなかなか踏み込めない人も居ますよね。
うまくデートに誘うテクニックをもっていればと思うひとのためにポイントをいくつかお伝えしていきます。

断られにくい誘い方のテクニック

デートへ誘われた立場で、断るときはどのような状況なのでしょうか。
しつこい、会話が続きそうに無い、楽しくなさそう、強引過ぎる、自分だけの都合、軽すぎるなど要素は沢山あります。
まず相手のことを知る事がとても大事なように思えます。
挨拶から始めて相手も笑顔で返してくれるのか、たわいも無い会話をしてそっけない態度を取られないかなど誘う前のタイミングもよく見とかなければなりません。なにげない会話から、趣味や休日の過ごし方など探れると理想かも知れないですね。
そしてあまり遠出の誘いは避けてください。あまり知らない人から誘われていくら日帰りでも道中が長い場合、女性は冷静に考えます。
帰りたいのになかなかたどり着かない、もしおもしろくなかったらこまる。など最悪の展開を想像して断るケースもあります。
頑張ってプランを練るのも良いですが、あまり遠くを選ばないほうが無難ですので、遠くても一時間以内で付くように選びましょう。

上手くデートへ誘うテクニック

声のかけ方テクニック

あまり親しくない人から軽く誘われても警戒するだけです。
デートという言葉はさけ、笑顔で親しみやすい印象を与えながら伝えてみてください。
どこどこに行きたいんだけど一緒にいってくれないかな。
などデートらしくない誘い方をしたほうが行きやすい女性も多いようです。
少し脈有りそうな相手だと、
一回ふたりきりででかけてほしい。
という言葉にとりあえず一回だけならという話術と、ふたりきりという特別感が断りにくさをあらわしています。
とりあえずは相手を知る事です。
テクニックを磨くのも良いですが、タイミングだけ逃さないように気をつけましょう。